塑性(そせい)とは、物体に力を加えたときに変形した後に、元に戻らない状態のことです。一方、変形後に元に戻ることを弾性(だんせい)と言います。一般的に建物で用いる材料は力を加えた初期段階は弾性で、降伏点(こうふくてん)を過ぎると塑性になり、弾性と塑性を合わせ持った性質をしています。

これを弾塑性(だんそせい)と言います。コンクリートは鉄骨よりも強度は高いが、弾性は低く塑性し易いと言われています。鉄筋コンクリート造の建物は小さな地震の場合、揺れは小さく抑えられますが、弾性域を超えた力を受けた場合、塑性域に入り変形したままになります。ただし、コンクリート内部に配置された鉄筋によりある程度の弾性を高め、塑性時にも建物が崩壊しないようにして、人命や財産の保護をしています。

また、外装の継ぎ目やサッシュ周りに用いるシール材は当初は建物の変形に応じた柔らかい弾性性能を持っていますが、日射や雨風に曝されることでその性能が劣化し、固く塑性状態となります。塑性状態となると、目地部分に亀裂が生じて雨漏れの原因となり、また、地震時の損傷、落下にもつながることから、定期的な点検、補修、シール材の打ち換えが必要となります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。