感電とは生物の体内に電流が流れ、電気ショックを受けることです。

電圧がかかるだけでは、感電は起こりません。つまり、1本の電線に鳥が留まっていても、鳥は感電しません。電圧がかかっている電線2本に同時に触れれば感電が起こります。人が感電するのは電気製品の不適切な使用や電気工事ミスです。また、機器の老朽化や故障による漏電、落雷などが多い事例です。

人体の中に電気の通り道ができてしまった時に感電は起きます。地面に立った状態で電線に触れると、電気が体を通り抜けます。体を通って地面へ電気が流れれば、人は感電するのです。

通り道を通電経路と言い、経路が心臓を通ると命の危機です。また、通電電流が大きく長いほど危険度が高まります。地面と人との間にゴムなどの絶縁体があれば電気は留まります。電気が通り抜けることがなければ、感電を免れるのです。

人体に電流が流れた場合、電流値によって反応が変わります。

1mA:最小感知電流、ピリっと感じる

5mA:苦痛電流、強い痛みを感じる

10mA:可随(かずい)電流、耐えられない振動と痛み

20mA:不随(ふずい)電流、呼吸困難、自力では逃げられない

50mA:心室細動電流、短時間で生命に危険

100mA:致命

人は感電すると自力では電源から逃げられません。それは、筋肉が自動的に激しく収縮し、動けなくなるためです。ですから、充電物の取り扱いには細心の注意を払いましょう。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。