木レンガ(もくれんが、木煉瓦とも)とは、サイコロ状に加工した木片のこと。用途は大きく分けて2つある。
1つは、コンクリート面に木の部材を取り付けるためのもの。コンクリートにあらかじめ埋め込むか接着する。取り付けにより、釘打ちができる補助材として利用できるようになる。

もう1つは、床や壁面に木レンガを敷き詰める利用法。主に雨風の影響を受けない室内に設けられる。
木レンガを床面に使用する場合、まずは木口を上に向けて木レンガを敷き並べる。目地に溶解したアスファルトなどを詰めて固定。
ただし、木レンガは床面が凹凸になりやすい。そのため、木レンガを床に使用するのは主に玄関のたたきやトイレなど、室内でも土足になるような場所となる。

壁に使用する場合は、防水処理した下地の上から厚さ10mm程度の木レンガを並べていく。エポキシ系の接着剤を塗布して貼り付け、目地をつける場合はアスファルトやシリコンを埋める。目地をつけない場合は、湿気などで木レンガが収縮するため、合わせ目を接着しない。
木レンガの種類はさまざまで、100mm角のものから長さ300mm程度までサイズは多様。近年では、耐水性があって腐朽しない樹脂製のレンガが代用されている。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。