「窓台」は、窓の下に入れる補強材のことを指しています。出入り口あるいは窓などの開口部の下部にあり、窓の下枠を受けるもののことです。「まぐさ」は、窓の上に入れる補強材のことを指しています。出入り口あるいは窓などの開口部の上部にあり、上部の壁を支えるもののことです。どちらも出入り口や窓などの開口部に水平に設置される部材です。ブロック造あるいは木構造などのケースで、両側に柱や壁などがある場合において、真ん中に開口部を設けるために用いられます。窓台およびまぐさは、構造材ではありません。あくまで補強材なので、完成後は見えなくなってしまいます。加えて下地材であるため、荒木のまま使用されることが多いのも特徴のひとつです。

また、まぐさについては「在来工法」と「ツーバイフォー工法」では扱い方が大きく異なるので注意が必要です。在来工法のケースでは、上からかかる重さを胴差しや梁などが受けるためさほど荷重がかからず、まぐさのサイズも比較的小さくなるのが特徴です。一方、ツーバイフォー工法のケースでは、モノコック構造が影響し、構造上開口部の強度が弱くなる傾向にあります。そこで、上からかかる重さに耐えられるようにまぐさのサイズを比較的大きくするのが特徴です。加えて、まぐさにかかる重さをまぐさ受けという部材で支えていることも特徴のひとつです。