間知石(けんちいし)とは、大小二つの面を持つ四角錐(しかくすい)状に加工された石材のことです。単に間知(けんち)とも言います。大きい面を面(つら)、小さい面を友面(ともめん)、長さを控え(ひかえ)と言います。主に石垣(いしがき)に用いられ、据え付け字の支持のために控えがあります。花崗岩(かこうがん)や安山岩などが用いられます。石垣には間知石以外に、友飼石(ともがいいし)、迫飼石(せりがいいし)、裏込石(うらごめいし)などを用いて積み上げられています。

積み方も様々あり、水平に並べた配置を布積み(ぬのつみ)、隙間を設けず大小様々な石を積み上げる乱積み(らんずみ)、3つの石で常にVの字型に組となる谷積み(たにつみ)などがあります。谷積みは石材が相互に押し合うような作用があり、布墨よりも安定性が高いと言われています。隅角部(すみかど)部にも特徴があり、石の長い面と短い面を交互に見えるように積む算木積み(さんぎずみ)、隅部が90度の本角(ほんかく)、鋭角の槍角(やりかく)、鈍角の菱角(ひしかく)、円弧状の丸角(まるかく)があります。石ではなくコンクリートで出来たものを間知ブロックと言います。宅地の整備や河川の保護に用いられます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。