水盛り管とは、建築現場で水平を出す道具のことです。水盛缶(容器)に水を入れ、そこから繋いだ透明の管を移動させて水面の位置を押えていくことで、水平を導き出します。容器内とホース先端の水面が同一の高さ(水平)になるサイホンの原理を利用しているのです。

建物を建てる場合、遣り方(やりかた)という、柱や壁などの中心線を設定し仮設物を築く工程から始めます。最初に一定間隔に水杭を立て、そこに水平ポイントを記して、水貫でつなぎます。この水平ポイントを出す際に用いられるのが水盛り管です。

古くから現場で採用されているのは、バケツと透明で細いビニール管を用いる方法です。まず水を入れたバケツの中にビニール管の片端を浸し、反対側から水を吸い上げて水を通します。これで、ビニール管の中の水は、常に一定の高さにあり、バケツの中の水の表面と同じ高さにあります。水が排出しないように気をつけながら、各水杭の位置に移動させて、ビニール管内の水の天端と同じ高さに印をつけるのです。

簡易な方法で正しく水平を出すことができますが、慣れないうちは、水が漏れたり、管がねじれたりすることから、手間を要することもあります。

近年は、光学機器であるレーザーレベルを用いて水平を出す方法が普及してきましたが、歴史的な経緯から、こうした作業は現在でも多くの人が「水盛り遣り方」と呼んでいます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。