ウレタン(urethane)とは、建設資材としては、断熱材と防水材の2種類の用途があります。ウレタンは内部に気泡を持った多孔質の柔らかい素材で、正式名称は「ポリウレタン」となります。製造時の配合方法、成型方法によって性質が変わり、クッション材、断熱材、塗料、接着剤、合成皮革、弾性繊維などに用いられます。

建築では外壁裏側の断熱材として用いられます。主な建物の断熱材にグラスウールがありますが、硬質ウレタンフォームは断熱性能が高く、施工性もよいことから多く採用されています。ただし、火災時に有毒ガスを発生する恐れがあります。防水材としては液体状のウレタン樹脂を使用します。マンションの陸屋根(ろくやね)やベランダ、バルコニーに多く用います。

施工は、主剤と硬化剤の2種類を混合して塗って行きます。2つの成分の化学反応により硬化し、数回に分けて施工を行います。継ぎ目の無い防水層ができます。5年ごとにトップコートの塗り替えを行い、耐用年数は15年ほどとなります。改修工事で新築時の防水層の保護コンクリート上部に塗布する場合は、コンクリート目地部の変形追従と、内部の水分による膨れを防止するために、通気緩衝シートを組み合わせた工法が必要となります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。