タイルとは物を覆う目的で石や粘土を焼成して造られたものを意味し、英語のTileには瓦や化粧レンガも含まれる。転じて規則的に分けられた平面上の区画もタイルと呼ばれ、タイルカーペットやPタイルのタイルはこの意味である。

日本では6世紀に大陸から伝わった瓦の技術を応用して寺院の敷瓦などに用いられたのが始まりとされる。建築用タイルは従来、磁器質タイル(原材料・石英や長石など)、せっき質タイル(原材料・粘土と長石など)、陶器質タイル(原材料・陶土や石灰など)に分類・運用されてきたが、現在の日本工業規格(JIS)では吸水率によってⅠ類(3%以下)、Ⅱ類(10%以下)、Ⅲ類(50%以下)に分類されている。また、釉薬(ゆうやく)を用いて表面にガラス層を形成したものを施釉タイル、素地のままのものを無釉タイルと呼ぶ。

主に建物の外装に用いられる二丁掛タイル(227×60mm)や小口タイル(108×60mm)は積みレンガを基準にして寸法が決められていたが、近年は50mm・100mmサイズのタイルも増えてきている。因みに吹付タイルのタイルは、タイル並みに建物を保護するという意味でつけられた商品名(ボンタイル)が語源とされ、上記のタイルとは別物となります。

タイル

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。