タイロッド(tie rod)はつなぎ材のことをいう。建築でタイロッドとは、張力を利用して構築物を安定化させる棒状の構造材。2つの部材をつなぐために使用する。

ターンバックルと呼ばれる部品を使用することにより、タイロッドを締め付ける張力を調整できる。長さの調節も可能。
タイロッドには普通鋼(SS材)や高張力鋼(NHT材)が使われていることが多い。普通鋼は汎用性が高い、高張力鋼は強度が高い、などのメリットがそれぞれにある。

矢板工法においては、矢板の上部付近にタイロッドを取り付けて、土圧を控え板などに伝える。矢板とタイロッドとの間にターンバックルを挿入して締め付ける。
河川や港湾の矢板式係船岸などでもタイロッドが使われる。矢板単体では保持できない場合には、前面側の矢板をタイロッドで背面側に引っ張るようにして使用。

海や河川で施工する場合、台船からクレーンを使用して、吊り治具でタイロッドを水平に吊り上げて据え付けする。鋼矢板間の幅が狭い場合などは、吊り治具を使用せずにワイヤーのみで玉掛けを行うことも。
陸上施工の場合は、先行据え付け用タイロッドとターンバックルを仮組みしておく。重機で据え付けた後、接続用タイロッドをターンバックルで連結する。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。