吊り子(つりこ)とは、金属板を横ぶきで屋根を作る際に、平板を野地板(のじいた)と呼ばれる下地に固定に使用する短冊形の薄い金物や、平板の折り返し部分の一端を巻き込み、他端を下地にくぎなどで固定する部分のことを言います。屋根の金属板は基本的に水下から水上の方向にふいて行きます。金属板の水上部分に吊り子で固定をし、更に水上の金属板の水下部分を引っかけて順次固定をしてゆきます。

吊り子は主に板金加工によって帯状の金属板を曲げて製作されます。多くの横ぶき屋根の建物で採用されています。金属板を直接、釘やネジで止めて行く工法もありますが、吊り子を用いることで、屋根材の強度を増し、補修を容易にしますします。金属板の縦ぶきの屋根で、立はぜぶきや瓦棒ぶきには通り吊り子をもちいます。立はぜの場合、縦ぶきの金属板の継ぎ目部分にL字型の通し吊り子を設け金属板を折り曲げてはぜを作ります。

東京都体育館でもこの工法の屋根で出来ています。瓦棒ぶきで接合部分に心木の代わりに通り吊り子を用いる工法があります。縦ぶきの金属板の繋ぎ目部分に、通り吊り子をネジで固定し、キャップと呼ばれる縦の金属板と一緒に折り曲げてカバーを取り付けます。東京カテドラル聖マリア大聖堂もこの工法の屋根で出来ています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。