式台(しきだい)は、玄関の土間と床の段差が大きいケースにおいて設置される板のことを指しています。主に、和風の玄関で用いられています。材料には、欅(けやき)や肥松(ヤニマツ)などの堅木が使用されることが多い傾向にあります。なぜなら、柔らかい木材は性質的には式台には不向きだからです。加えて、武家屋敷において来客者が地面に降りることなく、カゴに乗れるように設けられた板の間が由来といわれています。よって、もともとは客を送り迎えする場所でした。しかし現在は役割も増え、上がり口に登る際の踏み台や、腰掛けとしても使われています。

また、式台については住宅金融支援機構監修の「木造住宅工事仕様書」に基準が明記されています。基準は、上がり框(かまち)の高さ(土間と段差)については、18cm以下の高さにすることです。仮に18cm以上の段差があるような場合は、式台を設けることで段差を解消することになっています。

その他、書院様式のように、床下の風通しを考えた作りになっているケースでは、玄関の段差が大きくなってしまうため、式台が必要だとされています。なお、掃き出し下の段差が大きいケースでは、雨に濡れてもいいように靴脱ぎ石が使用されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎