鋼(はがね)とは、鉄に0.02%から1.7%の炭素を加えた合金のことを指しています。さらに微量ではありますが、マンガン、リン硫黄なども含みます。鋼は鉄と比べると、強度、粘り強さ、加工性が秀でているのが特徴です。よって、鉄よりも工業製品の材料として向いているといえます。炭素の量が増えると硬くなるというメリットがある一方で、粘り強さが弱くなるというデメリットも生じます。

また、鋼は大きく2つにわかれます。「SS材(一般構造用圧延鋼材)」は、汎用性が高いのが特徴でさまざまな分野で用いられます。具体的には、SS300、SS400などがあります。中でもSS400は他のものと比べると安く、流通している量も多いので手に入れるのが簡単です。ただし、溶接加工には向いていないので注意が必要です。「炭素鋼鋼材S-C系(機械構造用炭素鋼鋼材)」は、硬度と強度に秀でています。炭素の量に応じて、S10CからS58Cまでの20種類が規定されています。熱処理だけではなく溶接加工もしやすいのが特徴で、SS材よりも秀でている部分が多いです。しかし、価格が高いというデメリットもあります。具体的には、S45Cと記載されているものは0.45%ほどの炭素が含まれていることを意味しています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎