管柱(くだばしら)とは、木造軸組構造(在来工法)の1階と2階の壁がある場所に配置する柱のことです。胴差や梁といった横架材を挟んで上下別々に配置され、1階の管柱は2階の荷重を、2階の管柱は屋根組を支えます。3寸5分(105×105mm)の材を使うのが一般的です。管柱は、土台や梁、筋違といった部材と適切な金物で接合します。

管柱と違い、1階から2階(土台〜軒桁)まで通っているのは「通し柱」です。柱と柱の間にある半割り〜三つ割りの部材は「間柱」といい、石膏ボードを張るための壁下地です。また柱と柱の間にある斜めの部材は、地震の揺れに対抗するための「筋違い」です。

通し柱の配置は基本的に建物の四隅ですが、管柱は壁のある場所です。間取りによって位置が変わるものですが、1階と2階でできるだけ同じ場所に管柱を配置する方が、構造的には望ましいといえます。通常の木造軸組工法では、梁せい(梁の高さ)を大きくしたとしても、管柱のスパンを大きく飛ばす(間隔を空ける)ことはできません。基本的に2間(約3,640mm)以上の大空間は避けるべきです。また、構造上大切な1階の管柱は抜けないため、リフォームする場合には注意が必要です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎