ステンレス鋼とは、普通の鋼に比べてクロムの量を増やして耐食性を高めた鋼である。「ステン」が「サビ」、「レス」が「〜ない」という意味。

国際規格では、炭素が1.2%以下でクロムが10.5%以上の合金鋼と定義されている。金属組織の違いにより、マルテンサイト系・フェライト系・オーステナイト系などに分類。鉄にクロムを加えることで表面が薄い酸化被膜で覆われ、耐食性が強くなる。
材料記号では「SUS」と表記。「サス」と呼ばれることもある。2000年に建築基準法が改正され、ステンレス鋼も建築構造材としての使用が可能となった。

ステンレスには錆びにくいという特性の他、耐火性・耐低温性などにも優れる。溶接しやすく、高力ボルトでの摩擦接合にも適している。
ただし、熱膨張係数が大きく、焼き付きが起こることもある。よって、部材の位置決めやステンレス用の工具を使用するなど対策が必要。
また、スプリングバックが大きく、溶接ひずみも生じやすい。あらかじめひずみの大きさを見込んで加工するのが望ましい。
ステンレス鋼はリサイクル率が良く、スクラップ後は建築資材などとして再利用されることが多い。よって、資源保護の観点から、環境にやさしい材料として各分野から注目されている。

【参考動画】

こちらの動画ではステンレス鋼について解説されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。