SRC造とは、鉄骨鉄筋コンクリート造のことである。鉄筋で組んだ型枠の中心部分に鉄骨を通し、鉄筋と鉄骨の間をコンクリートで固めた構造。ビルや大型マンションなどに多い。

SRC造は、地震に強い耐震性・耐火性に優れる・遮音性能が高い・高い気密性による断熱性能などのメリットがある。ただし、構造が複雑なため間取りに制約がある・建築に時間がかかる・建築コストや解体費用が高いなどのデメリットもあります。

SRC造以外には、RC造(鉄筋コンクリート造)・S造(鉄骨造)・W造(木造)などに分類される。RC造の中心部分に鉄骨が入ったものをSRC造と考えてよい。

SRC造とRC造の違いを比べると、設計の自由度はRC造のほうが高く、耐震性・耐火性はSRC造のほうが優れる。防音性や耐久性に大差はない。建設費用はSRC造のほうが高くなる。

以前は高層建築にSRC造が採用されていた。技術の進歩により、RC造の高層マンションも増えつつある。SRC造とRC造は耐用年数47年と税法上定められている。木造の22年や、軽量鉄骨造の27年、重量鉄骨造の34年に比べると長い。ただし、マンションの寿命は120年、メンテナンスで150年まで延命できるという国土交通省の研究結果もある。

【参考動画】

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。