建築におけるスペーサーとは、隙間を確保するために設置するものに対して呼ぶことが多い。一般的には、かぶり(鉄筋からコンクリート表面までの最短距離)を保持させるために取り付けるものを指す。

鉄筋が動かないように固定したり、鉄筋を配置する際に配筋が乱れないようにしたりするためにスペーサーが使われる。かぶりの厚さが少ないと鉄筋が酸化しやすくなるため、鉄筋コンクリート製の構造物の強度が不足するおそれがある。また、組み立てた鉄筋の位置や間隔が適正でない場合にも強度が下がる。

スペーサーにはコンクリート製・鋼製・プラスチック製などがある。鉄筋組み立ての作業中には人間の重量がかかるため、壊れたり変形しないスペーサーが必要となる。

プラスチック製で円形のものはドーナツとも呼ばれ、使用するのは壁面などに限られる。キューブ状のものはスペーサーブロックやサイコロブロックなどと呼ばれ、基礎や土台などで使われる。

他にもパテントスペーサー・キャットスペーサー・ライナースペーサーなどがある。鉄筋馬と呼ばれるものもスペーサーの一種である。

国や都道府県、建築関連の団体がスペーサーの使用量や配置などについてのガイドラインを策定している。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。