障子とは、木枠に紙、主に和紙を貼った物で、日本家屋にて扉や窓としての役割を担う建具の一つです。また、室内の仕切りや外気を防ぎ、優しい光を取り入れてくれ、保湿、通気にも優れている。元々は視線や、風、寒さなどを遮る道具としての意味があります。障子の主な種類は以下のとおりです。

1. 水腰障子

一般的に多く採用されている、全面が障子になっている障子。

2. 腰板障子

障子の下部に腰板と呼ぶ板がはられている障子。

3. 額入り障子

障子下部や中間部にガラスをはめて、外の景色が眺められるようになっている障子。

4. 雪見障子

障子下部や中間部にガラスをはめ込み、障子扉を設け開閉することにより、外の雪景色を眺めることや、室内の採光の調節などができる障子。

また、猫が行き来できるように、ガラスがはめ込まれていない障子は「猫間障子」と呼ばれています。

障子紙の種類は以下の通りです。

1. 手すき和紙

和紙の原料の一つでもある楮(こうぞ)が含まれているもの。昔ながらの手法で、職人によりひとつひとつ丁寧につくられている。

2. 機械すき和紙

機械でつくられているもの。楮の他に植物繊維が加えられた障子紙。安価に手に入ることができる。

3. プラスチック障子紙

塩化ビニル製の薄いシートの間に和紙を挟んで作られたもの。耐久性があり、丈夫で破れにくくなっている。ただ価格はやや高めです。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。