セパレーターとは、コンクリートの型枠工事で使われる金属製の部品である。締め付け金物とも。建築業界ではセパと呼ぶことが多い。
セパレーターは棒状になっていて、両端はネジ加工になっている。その部分にプラスチック製のPコンと金属製のフォームタイを取り付ける。型枠の内側にPコンを付け、外側からフォームタイで締め付けて、型枠を挟むよう固定。

セパレーターの種類は、B型(Pコンが両側に付属)・BC型(片側にだけPコン)・C型(Pコンが付いていない)などに分けられる。Bセパ・Cセパ・丸セパ・曲げセパといった呼び方も。

セパレーターの太さは「W〇〇/〇〇」「〇分〇厘」などと表す。ジョイントナットなどでセパレーター同士をつなぎ合わせて使うことも可能。
たとえば、「セパのピッチ450」は「セパレーターを450mm間隔で」といった意味。型枠の崩壊を防止するためにも、型枠にかかる圧力を計算し、セパレーターの数・位置や穴の大きさなどを決めることが重要となる。
コンクリートが固まった後、型枠解体作業でセパレーターを抜くと、コンクリート壁にセパ穴(Pコン穴)と呼ばれる丸い穴が開く。モルタルを埋めることもあるが、最近では専用の補填材なども用いられるようになった。

【参考動画】

こちらの動画ではセパレータについて解説されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。