セグメント(Segment)とは、トンネル工事などのシールド工法でプレキャストコンクリート製若しくは金属製の覆工(ふっこう)部材のことを言います。

日本語にすると「区切り」、「区分」、「部分」という意味となります。シールド工法では掘削した地山を保護し、地下水の侵入を抑えるために、トンネル空間と地山との間に分割したセグメントを配置します。セグメントは工場で製作し、工事現場のシールドマシンで組み立てを行います。シールドマシンは先端の丸い円盤部分の掘削用の歯を取り付けて地盤を横に掘り進め、土を運び出しながら前に進む掘削機械のことです。1963年に日本で初めて開発され、近年のトンネルで多く用いられています。セグメントの大きさは小さいもので直径2m程、大きいものでは直径16m程のものもあります。設置する地下の土圧や水圧等の外圧に耐えられるように設計され、大量生産により経済性にも優れた特徴を持ちます。

用途は地下道路、地下河川、上下水道、地下共同溝、地下鉄道等に用いられています。リニア中央新幹線では、12個のコンクリートセグメントを用いて、直径約14mの軌道を造っています。それ以外にも、ゲリラ豪雨対策として、トンネル状の地下貯水槽に用いることもあります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。