垂木(たるき)とは小屋組の一部で、屋根の最も高い棟木から桁にかけて斜めに取り付けます。この上に屋根材が乗ることになるため、非常に重要な部材です。木造は垂木→野地板→アスファルトルーフィング→瓦となります。垂木は通常、45.5cm間隔で重さや軒の出寸法で決定し、強度を出すならより狭い間隔にします。

垂木は支持部材がないと変形し、耐力性に問題が生じます。そこで棟木からから軒桁の間に母屋(もや)を入れ支えます。母屋は屋根を直接張る部材ですが、屋根の荷重を支える部材です。

母屋は建築物の種類によって役割が変わります。木造建築の場合、垂木があってそれを支えるのが母屋です。鉄骨造になると垂木がなくなり、屋根材の下地が母屋になります。垂木は木造建築ならではの部材です。

木造建築において、垂木は非常に重要な役割を担い、屋根の出来を左右するほど大切な存在です。それだけに、屋根の重さに合わせて寸法を選ぶ必要があります。

一般的な寸法は以下の通りです。

・スレート屋根

6×4.5cm

軒の出が長い場合は7.5×4.5cm、9×4.5cm

・ガルバリウム鋼板

7.5×4.5cm

・瓦屋根

7.5×6cm

軒の出が長い場合は9×6cm、10.5×6cm

・テラス屋根(ポリカーボネートやセッパン)

4.5×4.5cm

【参考動画】

こちらの動画では垂木について解説されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。