磨き(みがき)ガラスとは、一般の窓に用いられる表面が平滑な透明ガラスのことを言います。磨き板ガラスとも言います。現代のガラスはフロート法と呼ばれる工法で製造されます。溶かしたガラスを錫(すず)などの溶融金属槽に流し入れ、錫より比重の軽いガラスが表面に浮かび上がります。ガラスは表面に広がり、徐々に冷やして板ガラスとなります。

これを普通板ガラス若しくはフロートガラスと言い、表面には多少の凹凸があります。古い建物の窓ガラスが歪んで見えるのはそのためです。磨きガラスは素材となる普通板ガラスを石膏を用いて鉄板の上に貼り、珪砂(けいさ)若しくは金剛砂(こんごうすな)で粗削りします。回転するフェルトで弁柄(べんがら)もしくは酸化セリウムを伸ばし、両面を仕上げて行きます。

日本工業規格ではJIS R 3202で板ガラスの規格をしています。厚さは2~25㎜となり、泡、異物、線状・帯状の欠点やきず、びひびについての品質試験について基準を示しています。板ガラスには他にガラスの片面に模様をつけた型板ガラス、片面に細かな傷をつけたすり板ガラス、金網を封入した網入りガラス、2枚のガラスに乾燥空気を封入して断熱性能を高めた複層(ふくそう)ガラス、強度を高めた強化ガラスなどがあります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。