建築物を支えるうえで、在来工法のなかで梁と並んで重要なのが柱です。柱は地面に対して垂直に立てます。主な役割は屋根や上階部分が落ちてこないように支えることです。

柱の役割によって呼び方も変わります。たとえば、建築物の中心に据えられる柱が大黒柱です。そして、門を支えるのは門柱、床の間を飾る床柱という具合です。古来、柱の材料には木材や石材などが中心的に使われてきました。近年は鋼材やコンクリートなども使われるようになっています。

柱の数が多いほど頑丈になると思っている人が多いことでしょう。しかし、必ずしもそういうわけではありません。適当に多くの柱を立てても、部分的に強弱の差が出てしまいます。

すると、弱い部分に負担が出てしまうようになるのです。そのような状態で大きな地震が発生すればどうなるでしょうか。弱い部分から崩れてしまうことでしょう。建築物全体のバランスを考えて柱を設置することが大切なのです。そもそも不必要な柱にスペースが取られてしまうと邪魔です。理想的には、1間おきに1本の割合が良いと言われています。

最近は古民家をリノベーションする方が増えています。部屋を繋げて広くする場合、柱が気になることでしょう。柱を撤去しなければならない場合、上部を支える力が弱まります。このような場合には梁のサイズを大きくします。あるいは、壁の中に柱に代わるものを入れることもあります。このように、構造上問題がないように補強する必要があります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。