フェノールフォームとは、断熱材の一種である。具体的には、フェノール樹脂に発泡剤や硬化剤などを配合して、ボード状に成形したもの。フェノール樹脂(ベークライトとも)とは、20世紀初頭に世界で初めて人工的に合成されたプラスチックである。1940年代より商業用のフェノールフォームがヨーロッパで生産されるようになり、日本でも1960年代から盛んに生産された。

フェノールフォームは熱伝導率が低いため、高い断熱性能を持つという特徴がある。さらに、主原料がプラスチックであるため、水や湿気に強い。それに加えて、フェノールフォームは施工しやすく、簡単な作業で気密性を高められるというメリットがある。
ただし、フェノールフォームは高性能であるため、その分価格が割高となる。さらに、プラスチック由来の資材であるため、紫外線や風雨にさらされると劣化してしまう。プラスチックであるがゆえに、外部からの物理的衝撃にも弱い。

フェノールフォームは、まず張り付け部分となる下地を清掃してから墨出し・割り付けを行い、必要に応じて切断加工する。接着剤でフェノールフォームを張り付けて、接合部分の隙間などにシーリング材を塗布する。養生後にクロスを張るなどで仕上げる。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎