パッチとは直訳で継ぎ布を意味し、建築では補修用の壁紙や腐食した金属の当て板のことをいいます。
壁紙の補修では、パッチ―ワークと呼ばれる手法によって、壁紙の傷や汚れを隠します。補修する際には、同じ柄の壁紙を用意して、対象となる傷や汚れの箇所よりも大きめに仮貼りをします。次に貼り付けた壁紙をカッターで切り取り、下の壁紙を剥がし、重ねた新しい壁紙を改めて壁下地に貼り付けてローラーで圧着します。これにより壁紙の継ぎ目がなじみ、補修が完了します。

近年では、壁紙の補修用として、クロスパッチと呼ばれる補修材が流通しています。またシールをこすって転写させるだけで、クロスにできた押しピンや釘の穴、すきまや破れ、落書きなどの汚れを覆い隠す、転写式補修シールタイプのクロスパッチもあります。

これらの商品は、水性塗料や水性ワックスを使うことができるので、補修後に上から色を塗ることも可能です。

金属の補修では、配管やボイラーなどの金属が、腐食などで穴が開いた場合に、その箇所に同材料の金属を当てて溶接により固定します。この際に用いる金属板をパッチといい、パッチを固定することをパッチ当てといいます。

また手すりや建具などの身近な金属の補修材として、透明シートとグラスファイバーネットを併用したパッチが商品化されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。