ネオン管とは、ネオンガスを封入した放電管のことで、主に橙赤色(とうせきしょく)の発光し、主に広告照明として使用しています。1910年にフランスの科学者ジョルジュ・クルードによって発明され、パリ万国博覧会で公開されました。ネオン管の両端には6,000〜15,000Vの高電圧を掛けて発光します。

発色はネオンガスの橙赤色以外に、アルゴンの紫色、ヘリウムガスの黄色、クリプトンガスのピンク、キセノンガスの青色など様々な色があります。ネオン管の発明以前の広告照明には小さな白熱球を並べて文字や絵を描いていました。

ネオン管は白熱球よりも眩しさが少なく線で光ることから、ネオンサインとしてヨーロッパのみならずアメリカや日本でも普及しました。1920年代のラスベガスでは「エレクトログラフィック建築」と呼ばれるほど広告塔が巨大化しました。日本では最初に銀座や大阪の商業施設に採用されたと言われています。1940年代以降は蛍光灯が普及し、ネオン管に代わりプラスチックケースの内部から照射する看板が普及した。ネオンサインは遊興施設や歓楽街で多く使われ、ネオン街という言葉で繁華街を示します。現在ではネオン管の代わりにLEDライトによる色彩照明を行い、「LEDネオンサイン」とも言われます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。