ナフサとは、原油を蒸留分解して得られる製品のうち、沸点が30〜200℃程度のもので、粗製ガソリン・直留ガソリンなどとも呼ばれます。国内で原油から精製して作るが、最近はナフサそのものも輸入している。

ナフサのうち、沸点が35〜80℃のものを軽質ナフサ(ライトナフサ)という。日本では、大半が石油化学工業での原料として使用されます。化学反応により、エチレン・プロピレン・ブタジエン・ベンゼン・トルエン・キシレンなどに作り変えています。

また、沸点が80〜180℃のものは重質ナフサ(ヘビーナフサ)という。ガソリンなどの原料となります。

現在、塗料の主成分はナフサであることが多く、その用途は建物・自動車・船などさまざまな部品の塗装に用いられている。建物では、鉄筋建築に多く使われます。ナフサを含む塗料の特徴はサビを防ぐ効果があることで、鉄でできた材料はすべてサビを防ぐために塗料が塗られています。また、コンクリートに伸縮性のある塩化ビニール樹脂やポリウレタンで作られた塗料を塗れば、ヒビ割れによる被害を防げることができます。

国内にはナフサを分解するためのエチレンプラントが大きいもので十数か所あり、近年では中東の産油国にもプラントが多く建設されています。

【参考動画】

こちらの動画ではナフサについて解説されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。