low-Eガラス(ろーいーがらす)の「Low-E」は「ロー・エミシビティ」を短くしたもので、「低放射」という意味がある。商品名「エコガラス」もlow-Eガラスの一種。

ガラスの片面に、特殊な金属膜がコーティングされている。コーティングに使われている金属は銀や酸化亜鉛など。
金属膜のコーティングにより、ガラスが熱を吸収・反射するようになる。放射伝熱を抑え、遠赤外線を反射する働きがある。結露を防ぎ、紫外線をある程度カットできる効果も。

夏は室外の太陽熱を反射して、室内の暑さを和らげられる。冬は室内の暖房熱を反射して、暖房効率を高められる。low-Eガラスを導入することで、年中室温を快適なものに維持しやすい。

Low-Eガラスは金属膜で覆われているため、サビなどで劣化しやすい。よって1枚板で使われることはほぼなく、複層ガラスとして使われる。
Low-Eガラスには、グリーン・シルバー・ブロンズなどの色が付いている物が多い。厚さもガラスの枚数や隙間によって様々。
ただし、ペアガラスやトリプルガラスなどと比べると、low-Eガラスは割高となる。リフォームなどで導入する場合、既存のサッシに入るかどうかを確認しなければならない。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。