軽量鉄骨とは、鉄骨造の一種で、柱やはりなど建物の骨組みに鉄骨を使用する構造のことです。厚さ6mm未満の鋼材を使用しており、主に一戸建て住宅や2階建てのアパートを建てることができます。

国税庁の定めている耐用年数は、鉄骨の厚さ3mm以下が19年、厚さ3~4mm以下は27年で、他の構造と比較するとやや短めに設定されています。

一般的には、工場で生産した部品を現場で組み立てるという「プレハブ工法」を採用しているのが特徴です。事前に部品を工場で生産できるので、施工する人の経験や技術に左右されず、安定した品質が保証されるのがメリットです。

大量生産された部品を使うことで材料費を抑えられることに加え、短い工期で施工を終えられることが多いので、人件費などの建築コストを削減できるのも強みでしょう。また、木造よりも虫が出にくいといわれています。一方、耐火性が他の建築構造より劣っているのがデメリットです。

鋼材は熱の影響を受けやすいので、火災があった場合は倒壊するリスクも高くなります。

さらに、遮音性が低く、騒音や音漏れ対策が必要になるケースもあります。木造よりも少しだけ遮音性が高い程度なので、騒音や音漏れには注意が必要です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎