水糸とは、建築工事などの際に水平線を示すために使用する糸のことです。水縄と呼ばれることもあり、釘に引っ掛ける方法が使いやすいと言われています。引っ掛けた釘をブロックやコンクリートに浅く打ち込むことで固定します。加えて、板に巻きつけることによって用いる場合もあります。また、認識しにくい空中の2点間の直線を可視化できるようになるのがメリットです。何もないところでもしっかりと認識できるよう、黄色やピンクなどの比較的カラフルな色が多いのも特徴のひとつです。

型枠を作成する工事などをはじめ、土木工事、測定などで用いられています。水平線、平行を確認するためには、対象となる木材やレンガに近接した状態で水糸を張ると良いでしょう。たるむことなく、他の木材などにも接触しないように張るのがポイントです。

その他、レーザー水糸器もあります。実際に水糸を張るのではなく、レーザーの光によって水平かどうかを測ります。手作業で行う通常の水糸と異なり、誤差が出るという問題を解決できました。さらに、対象になる物に対してレーザーの光を当てるだけで計測できるので、作業のスピードが格段に上がります。また、もともと作業には最低2人必要でしたが、レーザー水糸器は1人でも測定できるのが魅力です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。