ジョイントボックス(Joint Box)とは、電気設備の電線管路の電線接続の為に設けた蓋が付いた小型の箱のことです。照明器具やコンセントなど電気を送る際に、電線の途中で分岐接続を行うことで、1つの回路、スイッチで電気を同時に送ることが出来るようになります。

内線規程により配線の接続は必ずボックス内で行う必要があり、電灯コンセント設備では多くのジョイントボックスを用いることとなります。材質は樹脂や鋼板で配線本数が多い場合にはプルボックス(Pull Box)を用います。主に、天井や壁の中に配置され、コンクリートの中で埋設して使用するものもあります。木造住宅で良く用いられるナイスハットもジョイントボックスの一種となります。

また、フリーアクセスフロア内でボックスが設置できない場合にはソケット型のハーネスジョイントを用います。ジョイントボックスの施工の際には必ず点検可能な造営材等に取り付けることとなります。同じボックス内に電源ケーブルと通信ケーブルを共有する場合には、セパレータを用いる必要があります。屋外で用いる場合はゴムパッキン付きの防湿型を用い、クリーンルーム等でホコリの侵入を抑える場合には高気密の防塵パッキン(ルフトロック)を用います。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。