インターロッキングブロックは、道路や公共スペースなどの舗装に用いられるブロックの一種です。荷重がかかった時に目地を介してブロック同士がかみ合って、荷重が分散されます。雨水が地面に染み込みやすいため、都市型水害や地盤沈下を緩和できるというメリットがあります。また、さまざまな種類があるのも特徴のひとつです。

「スタンダードタイプ」を筆頭に、「緑化ブロック」や「リサイクルインターロッキングブロック」などがあります。よって、さまざまな用途に合わせて利用できることも魅力です。しかし、弱点もあります。例えば、頻繁に荷重のかかるような場所では、ブロックが凹んでしまい水たまりができてしまうこともあります。さらに、施工当初はきれいに保たれていても、時間が経つと目地の部分から雑草が生えてくることもあります。弱点を補うためにはメンテナンスが必要です。メンテナンスが必要であることは、インターロッキングブロックのデメリットといえます。

その他、一般的な施工方法はまずクッション砂敷き込みを行います。次に、インターロッキングブロックの敷き込みとコーナー部分の仕上げと目地詰めを実施。敷き詰めたブロックの上を締め固め用機械によって転圧します。最後に空隙部分に乾燥した砂をほうきなどで目地詰めして施工完了です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。