長押は「なげし」と読みます。和室において、壁面などを取り囲むように取り付けられる化粧部材である。もともとは柱を固定するための役割であったが、建築工法が発展したことによりその役割がなくなった。しかし、現代でも和室には欠かせないものとなっています。

長押の上部にある出っ張った部分にハンガーなどをかけたりするなど、壁面収納として活用されるようになっています。最近では、現代風にアレンジして洋室にも取り入れるケースが増えており、後付け用の長押も売られています。

壁と床の長押は取り付け位置によって種類が分かれています。位置が下から順に次の通りです。地長押(じなげし、柱の最下部)・縁長押(えんなげし、縁側に面して設ける)・腰長押(こしなげし、壁の中ほどや窓の下)・内法長押(うちのりなげし、開口部のすぐ上)・蟻壁長押(ありかべなげし、天井のすぐ下にある蟻壁の下)・天井長押(てんじょうなげし、天井の回り縁のすぐ下)となります。

なお、内法長押がもっとも一般的なので、これを単に長押ということもある。また、長さにより本長押と半長押にも分類します。下面と正面だけしか見えないので、見える部分だけ台形状に製材してあることが多い。木材の木口を台形状に斜めにひき割ることを長押挽きと言います。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。