建築でも使われる一般的なヒンジとは、ドアなどに使われる蝶番(ちょうつがい)のことである。蝶番を英語でヒンジという。

蝶番の語源はヒンジが蝶の形に似ていることから。その「ちょうつがい」を「ちょうばん」と呼ぶようになり、「ちょうばん」に「丁番」という漢字を当てたものがヒンジの呼び名として建築業界で使われている。

平蝶番という最もよく使われる蝶番(ヒンジ)は、1本のピンと2枚の羽と呼ばれる部品で構成され、ピンを軸にして羽が回転する仕組みになっている。

ヒンジの種類には、他に長蝶番・抜き差し蝶番・スプリング蝶番・スライドヒンジ・ピボットヒンジ・トルクヒンジ・ダンパーヒンジなど多くの種類が存在する。

大きさや材質も様々なものがあるため、使用する箇所や用途に合わせてヒンジを選ばなければならない。

蝶番以外にも、建築で使われる継手の構造の一種をヒンジと呼ぶ。部材同士をヒンジで結合させ、回転軸を中心として上下または左右に部材が折れ曲がる。橋の支点などに用いられる。

塑性ヒンジとは、簡単にいえば回転する力に抵抗できなくなった部分のこと。曲げモーメントが全塑性モーメントを超えて母材の断面すべてが降伏(塑性変形)したために回転剛性を失った部分である。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。