H型の断面をした形鋼(断面を一定の形にした鋼材)がH形鋼(エイチがたこう)である。
1960年代より、日本でH形鋼の生産が始まる。超高層ビルの建築が進んだ1970年前後から大量にH形鋼が使われるようになり、1980年代にH形鋼を大量生産する技術が開発された。

H形鋼は建築だけでなく、機械や車両の構造部材などとしても使用されている。橋梁・トンネルの支保工・杭などにも活用。特に鉄骨構造の約7割がH形鋼である。

アルファベットのHの形をしていることにより、曲げ耐力や座屈耐力に優れた鋼材となる。また、H形鋼は単純な面で構成される形状になっているため、切断や穿孔といった簡単な加工を施すだけでそのまま使用できるというメリットも。

H形鋼には、JISで規格が定められているH形鋼JIS G 3192の他、H形鋼杭JIS A 5526や外法一定(そとのりいってい)H形鋼がある。外法一定H形鋼が文字通り外法寸法が一定なのに対して、JIS-H形鋼は内法寸法が一定となる。
さらに、ロールHとビルトHという分類も。製鉄所でロール成型したものがロールH、溶接してH形に組み上げたものがビルトH。既製品のH形鋼にない断面を求める場合などにビルトHが作られる。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。