トタン板(とたんいた)とは、表面を亜鉛でメッキされた薄い鉄板のことで、亜鉛メッキ鋼板(あえんめっきこうはん)、亜鉛鍍鉄板(あえんとてっぱん)とも言います。平らなものもありますが、丸波や角波の形状にして強度を増し、耐食性があることから屋根材や外壁材として用います。

素地の色はシルバーで塗装を施した茶や白、青色等も用意されています。建材以外にもバケツやチリトリ、じょうろにも用いられています。1906年(明治39年)、官営八幡製鉄所で作られたのが最初と言われます。鉄道の普及に伴って沿線の住宅の屋根に防火性能が求められ、茅葺からトタン板の屋根に置き替わり、全国に普及しました。

波形の板材のことを波板(なみいた)と言いますが、トタン板はその一種で、塩化ビニル製、ポリカーボネート製などもあります。寿命は5~6年、定期的に塗装を行うことで20年ほどまで延びることもあります。耐食性を考慮すると、亜鉛とアルミの合金でメッキを施したガルバリウム鋼板の方が優れています。最近ではトタン板に代わりガルバリウム鋼板を用いた住宅建築が多く建てられています。尚、鉄板に錫(すず)をメッキしたものをブリキ板(ぶりきいた)と言います。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。