基礎梁(きそばり)とは、地面の中に施工される梁のこと。繋ぎ梁ともいう。
さらに「地中梁」や「地梁」という言い方もあるが、意味は「基礎梁」と同じ。従来より「地中梁」と呼ばれていたものが、新たに「基礎梁」という用語も使われるようになったため。建築現場では「基礎梁」と「地中梁」の両方が使われている。

基礎梁は独立基礎で重要な構造部材である。基礎同士を連結して、曲げモーメントが基礎梁に伝達する仕組みとなっている。
基礎梁が必要となる理由は、1階の床を支えるためである。床下の土は埋め戻してあるだけなので、単に盛り土をかぶせている状態になっている。建物が沈下するのを防ぐため、基礎梁を設置することで床を支える。

基礎梁の工事は、基礎と基礎の間に鉄筋を入れ、型枠を組んでコンクリートを流し込み固める。コンクリートが固まれば、柱の下底部が固定され、スラブを支えられる。
基礎梁は、サビなどの劣化を防ぐために鉄筋コンクリート造であることが求められる。土中の水分により鉄筋が錆びるおそれがあるため、かぶりが50mmは必要。
近年では建築物の耐震対策が重要視され、基礎梁を設置するケースが増えてきた。RC造やSRC造だけでなく、木造の建築物にも基礎梁が導入されている。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。