床板は、床に張る板状のもので、下地がない場合でも利用できる材料のことを意味しています。一般的には仕上げ材として、畳あるいは絨毯式の下地のことを指す場合が多いです。具体的には、縁甲板やフローリングブロック張り、合板床などが該当します。材料としては、ナラやブナ、ヒノキ、チークなどが用いられます。これら以外にも、鉄筋コンクリートや鋼製、合成、プレキャスト、プレストレスなどさまざまな種類があるのが特徴です。建築において最もメジャーな床板は、鉄筋コンクリート製です。鉄筋コンクリートの床板を「スラブ」といいます。

スラブに関しては、木製や鋼製と異なり、高い遮音性や居住性があるのが特徴です。よって、マンションや公共建築物の床によく利用されています。さらにスラブには、振動や変形が少ないというメリットも存在します。スラブの厚みは、150mmが一般的で、分譲マンションであれば180mmから250mmの厚みがみられます。

また、橋梁の桁上の床を指すこともあります。橋梁の床板の場合は、人だけでなく車も通るので建築よりも耐力が必要になります。ただ、建築物のケースでも、歩行性や遮音性、耐火性など構造的な要件以外の条件も満たす必要があるので注意が必要です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。