フラットバーとは、平らな帯状の鋼材のことです。長方形の断面であり、4面全てが圧延されています。平鋼とも呼ばれる他、FBと表記されることもあります。一般的なフラットバーの厚さは5mm以上、幅は500mm未満です。開先平鋼やテーパー平鋼など、さまざまな種類があります。

フラットバーが持つ特徴は大きく分けて2つあります。1つ目は、加工にかかる時間や費用を削減できることです。具体例として挙げられるのは、プレス打ち抜き加工です。厚中板を用いる場合、必要な幅寸法に切断する必要があります。しかし、フラットバーの場合は切断加工を行う必要はありません。さらに、切断による材質の反りや曲がりを防ぐこともできます。2つ目は、廃材を削減できることです。具体例としてリング材のプレス打ち抜きが挙げられます。厚中板を型抜きする場合、ハッチング部分は全て廃材になります。一方、フラットバーを用いる場合は溶接してリング状にします。型抜きを行わないため、材料を無駄なく活用することが出来ます。

大工が家を造る際、材料としてフラットバーも活用しています。フラットバーが優れているのは強度や溶接性、寸法精度などです。よって住宅やビルなど、幅広い建築物に利用されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。