型板ガラス(かたいたがらす)とは、表面に凹凸の模様が付いて、柔らかな光を取り入れることができ、人影は映りますが視線を遮ることが出来るガラスです。浴室やトイレのガラスに良く用いられます。板状のガラスは製造時に熱で柔らかくしたガラスを、2本の圧延用ロールの間に通して平らなガラスを作ります。片方に模様のついたロールを用いることで、ガラスの片面は平らですが、もう片面はロールの模様が写り、型ガラスとなります。ロールの模様を変えることで様々な模様の型ガラスを作ることが出来ます。

模様には果物の梨の表面の様な凹凸の梨地(なしじ)や、凹凸を抑えやや透明性ある霞(かすみ)があります。昭和初期には様々な模様の板ガラスが製造されていました。夜空の星をデザインした夜空(よぞら)や銀河(ぎんが)、格子模様のチェッカーなど、現代ではレトロな雰囲気のガラスとして用いられます。同様に視線を遮るガラスとしては、磨り(すり)ガラスがあります。

表面をサンドブラスト処理することで、白く不透明なガラスになります。表面はザラザラしており、水に濡れると透けてしまうので、浴室には用いることは出来ません。更にサンドブラスト後にフッ酸処理をして、表面を滑らかにしたものをフロストガラスと言います。曇り(くもり)ガラスは、型ガラス、磨りガラス、フロストガラスなど、不透明なガラス全般のことを言います。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。