電線とは電気を導く線のことで、全国の電力用電線の総亘長は約9万キロにもわたります。発電所で作られた電気を数百キロ離れた街まで送っています。

通信用電線には、自宅内に配線を引き込む電話ケーブル、さらに光信号を送る光ファイバーも含まれます。電柱から引き込まれているため電線と同じ扱いとなります。サイズは、太くなるほど電気抵抗が少なくなり流せる電流が大きくなります。

電線は、水道やガス、新幹線など様々なライフラインを支えています。スマートフォンなどの無線を使った通信分野でも使用されています。また、劇場やホテルなどの公共施設では耐火・耐熱電線など、特別な電線が使用されています。

屋内で使われるものにビニル絶縁電線があります。曲げやすいのが特徴で、照明やコンセントなどに使われます。

導体は銅やアルミニウムが殆どで、屋内用の電線は銅導体が一般的です。火災をすばやくキャッチして伝送する火災検知線などもあります。

鉄塔に登り、鉄塔と鉄塔との間に電線を張るラインマンは、送電線工事(点検)のなかでも、高い技術と特別な技能を持った技術者です。

現場を監督管理する電気工事施工管理技士は、納期を守るためのスケジュール管理、事故防止ための安全管理などを行います。災害時や故障の際は、停電の原因エリア以外へ早急に電気を送り、作業員は原因エリアへ向って復旧作業を行います。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。