ザラ板は、外部に面しているモルタルなどの左官で外壁を施工する際の下地になるための板材のことを指します。見えるところにはあまり使われないザラ板は、場所によっては「ラス板」と呼ばれることもあります。狂いにくい杉板が好まれる傾向にあり、「15×45〜90」の板を1cm程度すかせて張ります。外壁のケースでは、ここに防水紙としてアスファルトやフェルトを張って、ラス網をホチキス留めした後、モルタルを塗っていきます。軒天井のケースでは、ラス網をホチキス留めした後、ラス網とザラ板に絡めるようにモルタルを塗っていきます。

また、夏の高温や冬の低温にも強く耐久性が高いため、長持ちしてしっかりしているのがザラ板の特徴です。熱によって縮むことはありますが、時間が経過すればするほど強度が増すものもあります。長持ちする家を希望すると、材木屋さんがザラ板を選んで提供してくれることがあります。自然素材なので有害物質が出ることはなく、健康にも良いのはメリットです。

その他、ザラ板は水はけの良い木裏を外に向けて貼るのが一般的です。貼る際にはなるべく中心部に釘を打ちます。何らかの事情によりやむを得ず木表を外に向けるケースでは、釘は両端に打つのが一般的です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。