防湿シートとは、湿気を除けるためのシートを指す。湿気の多い日本では、建築物に防湿シートを多用する。床下の地面に敷きつめることがほとんどで、寒冷地では壁内などに使用する場合もある。
防湿シートの厚さは0.1mm〜0.2mmで、ポリエチレンやEVA樹脂製のものが一般的。土間シートと呼ぶことも。

法律により、床下に防湿対策の措置が義務づけられている。床下全面に厚さ60mm以上のコンクリート打設、もしくは防湿シートを敷くなどの対策を取る。

防湿シートを敷くには、まず地面の小石や砂利、木片などを取り除いておく。必要に応じて除草剤や防アリ剤を散布する。
次に、防湿シートを敷きつめる。100mm以上重ね合わせて、テープを重なり部分に貼る。防湿シートを施工したら、上から砂利や石などを置いて重しにするか、押さえコンクリートを流し込む。

防湿シートを敷くことで、湿気から建築物の木材部分を守れる。シロアリやカビなどの防止にもなる。
ただし、湿地帯など水分を多く含む土壌に防湿シートは適していない。反対に、湿気のあまりない場所で防湿シートを敷いても内部結露を発生させるため、逆効果となる。また、防湿シートだけでは完全に湿気の遮断ができないため、調湿剤や床下換気扇などと組み合わせたほうが良い。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。