cltとは直交集成板の略称です。繊維方向が直交するように板を積層した建材です。一般的な集成材は板の繊維方向が平行になるように積層されていますが、これを直行にすることで板単体の強度が大きくなっています。

このCLTを用いた木構造方法をCLT工法と呼びます。木が本来持っている断熱性に加え、プレカットによる工期短縮、施工精度の上昇が挙げられ、また、他の構造建材と比べて軽量であることから基礎工事にかかる費用を抑えることができます。近年ではSDGsなどの環境へ配慮した取り組みが建設業界全体に広がっており、それに伴い建築の木質化が注目を集めています。

また、様々な構造実験に耐える技術開発が行われ、中大規模の建築構造への採用も徐々に広がっています。加えて、耐火性能検証も行われ、COOLWOODなど、構造材としてのCLTを内装あらわしとすることのできる工法も開発されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎