一般的に天板(てんばん・てんいた)とは、カウンターや机、家具や棚などの最上面にある板のこと。甲板(こういた)やトップともいう。

天然木や集成材、ステンレス・メラミン化粧版・人造大理石・天然石・タイルなど、さまざまな材質の物が使われる。天板の端部分の処理方法により、両耳付き天板・片耳付き天板・耳なし天板といった種類がある。

建設現場では、足場用の板を天板と呼ぶ。その他呼び方は、アンチ・足場板・布板などで、
スチール製やアルミ製がほとんどです。軽量化のため穴が空けられていたり、落下等の危険防止のために滑り止めが付いていたりする。

両端にくさびと呼ばれる金具が付いており、平行に並んだ単管の間などに天板をはめ込み、くさびをポケット金具へハンマーで打ち込むように設置する。そのような仕組みの足場を打ち込み式足場と呼ぶ。

長さは600mm〜1800mm、重さも6kg〜18kgなど、さまざまなサイズのものがある。天板(アンチ)の幅は「ヨンマル」と呼ばれる40cm幅のものが主流だったが、平成27年7月の改正労働安全衛生規則施行により、「ゴーマル」と呼ばれる50cm幅のものに移行しつつある。また、ゴーマルの半分のサイズである25cm幅のものもあります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。