芯材は、丸太を木口から見たとき、樹木の中心部分に近い色の濃い箇所のことを指しています。樹木は、毎年外側に新しい細胞が誕生し太く成長するので、中心部分は樹脂が多く水分量が少なくなります。そのため、強度・耐久性に優れているのが特徴です。家具の骨組みに用いられる木材のことを「芯材」と呼んだり、「心材」と書くこともあります。樹種によっては中心部分が赤い色になるため、「赤身」と呼ばれることもあります。

また、反対語は「辺材」です。毎年誕生する外側の大きくなった若い部分で、堅くなく水分量も豊富です。そのため、木を切って乾かすと、縮みや変形、割れが多い傾向にあります。養分も多いため、防腐防蟻性に劣るのがデメリットです。「白太」と呼ばれることもあります。ただ、木の種類によっては色の違いがわかりにくいものもあるため、芯材と辺材の区別が難しいケースもあるため注意が必要です。

その他、類義語として「芯持材」があります。文字どおり、木の芯を持っている製材した木のことです。柱などによく用いられます。一方芯材は、木の芯を含まない芯材のみの製材品を意味することがあり、節のないものは和室の柱に用いられることが多い傾向にあります。芯材の価格は、芯持材の2倍から10倍ほどです。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎