羊羹とは、コンクリートの強度試験をおこなうときに使う試験用供試体を指して使われる言葉です。コンクリートの強度試験で使用する試験用供試体は、曲げ強度試験をおこなうときは角柱ですが、圧縮試験や引張試験などをおこなうときには円柱形のものを使います。使います。試験用供試体の大きさは直径10センチ、高さ20センチ、作り方は日本工業規格(JIS)によって細かく決められています。試験用供試体は1本4kgほどの重さになります。試験によっては試験用供試体を20本から30本作ることになります。また、コンクリートが固まるまで水の中で養生するので羊羹を作るには時間も体力も必要になります。

建設業界での羊羹の使い方は強度を測るために破壊して使用することです。。圧縮試験のときには上から押しつぶして破壊し、壊れるまでかかっていた圧力を計測します。コンクリートの強度試験は民間の試験場や大学の研究室などで行われています。羊羹をを作成するのは研究室の中がほとんどですが、工事現場のコンクリートから試験用供試体を作って強度試験をおこなうこともあります。

また、羊羹という言葉にはレンガをたて半分に割ったものを指す言葉として使われることもあります。

ただ、レンガを使用する工事現場が減っていることもあり、現場で羊羹という言葉を耳にする機会は少なくなってます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。