束石は「つかいし」と読みます。1階の床下で床束(床の重量を地面に伝える柱)を支える部材のことです。木造建築の床下に一定の間隔で配置されます。床束を直接地面に接触させて住宅を支えると不安定になるため、束石に乗せることで重力を分散させて安定性が増します。また、防湿対策としても用いられます。

石製のものが長く使われていたが、現在ではコンクリート製のものが多い。束石には短いものと長いものがある。短いものは硬い地盤に適しており、長いものは地中の中ほどまで埋めて砕石を敷くかコンクリートで固定して使用します。

種類としては、羽子板付束石(ブロック上の束石の上に羽子板が付いたもの)・ピンコロ(コンクリートの四角いブロック)・穴あき束石(柱を穴にはめて固定できるもの)などがある。コンクリートブロックやコンクリート製平板などが使われることもあります。

現在は基礎工事をするため、住宅で使われることはほぼない。古民家をリフォームするか、古民家のような住宅を建築する場合のみである。ウッドデッキやカーポートなどの基礎に束石が使われます。

似たものに沓石(くついし)があります。束石が床下で使われるのに対して、沓石は玄関や縁側など、外にある柱を支えるために下に据える石のことです。

【参考動画】

こちらの動画では束石の使い方について解説されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。