粗朶とは、広葉樹で10年ほど成長した枝等を束ねたものを指します。広葉樹は硬くて強い材質のものを選定します。粗朶は土木工事で護岸を目的として使用されることがあります。

現在は川岸をコンクリート等で固定し川の浸食を防ぐ構造としているものが多くみられます。しかし近年SDGsの観点から、護岸を行いつつ河川の水質を維持するため、日本で古来より使用されている粗朶沈床が注目を集めています。

粗朶沈床とは、粗朶を組み合わせ川底に沈めます。こうすることで河川により川底が削られることを防ぎます。また、この粗朶沈床工法で用いられる粗朶の組材は多孔質なため、もともと川に生息する生物の新たな住処としても使用できることから河川の生態系を崩さずに護岸を行うことができます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎