筋交い(すじかい)とは、柱と柱の間に斜めに取り付けられた部材のことです。壁の内部のため、外からは見えません。建物は、基本的に柱と梁だけで組み立てていきます。しかし、それだけだと水平方向への強度が弱まってしまいます。そこで登場するのが筋交いなのです。

この方法は、日本では古くから用いられてきました。法隆寺などの有名な建築物でも確認されています。日本は台風や地震などが多い国です。構造を安定させるために欠かせない存在と言えます。

筋交いには、二種類あります。斜めに一本だけ付ける場合は、「シングル」と呼ばれています。クロスするように二本付ける場合は、「ダブル」となります。当然、シングルよりもダブルの方が強度は高いです。また、大きな引張力に対して配慮が必要な部材でもあります。筋交いの付け根部分が外れる危険性があるからです。金物を用いて、柱や梁にしっかり固定することが欠かせません。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。