ボーダー(border)とは、建築用語では、仕上げが異なる部分や端部に取り付ける細い帯状の部材のことを言います。英語ではヘリや、縁、境界などを意味します。壁紙や床材等のシート状の部材で仕上げる場合、端部はカッターを用いて切断します。

切断する部分が一直線に見えるように、仕上げが異なる部分には樹脂製やステンレス製の真っ直ぐなボーダーを設置します。特に天井の仕上げ材で、壁と取り合う部分のボーダーのことを廻り縁(まわりぶち)とも言います。耐震天井用のボーダーには天井と壁面に隙間を設け、地震時に天井が揺れた場合でも、天井材が壁に衝突することでの破損を防ぎます。天井高6m以上、天井面積200㎡以上、単位面積質量が2kg/㎡を超える天井は「特定天井」として、その設置が義務付けられています。壁と腰壁の境目にもボーダーが用いられています。

材質の異なる部分の単なる見切り材とするだけではなく、レリーフや絵柄を用いて装飾を施しているものも多くあります。壁と床との間の巾木(はばき)もボーダーの役割もあります。外壁にも階の境目やパラペット部分にも、装飾のあるボーダーを用いることがあります。柱の台座、柱頭と組み合わせることにより、張り出した床材を表し、重厚感のある外観となります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。